Windows 10のGPUハードウェアアクセラレーションで処理を最適化

Windows 10のGPUハードウェアアクセラレーションで処理を最適化

この度Windows10が対応したGPUハードウェアアクセラレーションは、GPUがVRAMを自身でコントロールできるようにするというものです。

これにより、様々な処理の最適化、入力の遅延短縮が期待されます。

必要なもの

  • GeForceまたはTitanのGPU
  • Windows 10 2020 May Update

GPUのドライバを更新する

ハードウェアアクセラレーションには、GeForce 446.14 Driverが必要です。Geforce Experienceからダウンロードするか、NVidiaの公式サイトから対応するドライバーをダウンロードしてください。

Windows 10にアップデートを適用する

2020 May UpdateはWindows Updateを利用して適用することが可能ですが、一部のデバイスではこれが自動的に行われません。

そこで、Microsoftがアップデートを補助するソフトウェアを提供しているので、そちらを利用してダウンロードしてください。

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

上記のサイトから、アップデート補助ソフトウェアをダウンロードして実行してください。

ハードウェアアクセラレーションを有効にする

スタートボタンを右クリックし、メニューから設定を選択します。

システムの設定を開きます。

マルチディスプレイの設定欄からグラフィックス設定を開きます。

中にあるハードウェアアクセラレーションを有効にするのスイッチを入れて、再起動してください。