Windows 10のGPUハードウェアアクセラレーションで処理を最適化

この度Windows10が対応したGPUハードウェアアクセラレーションは、GPUがVRAMを自身でコントロールできるようにするというものです。

これにより、様々な処理の最適化、入力の遅延短縮が期待されます。

  • GeForceまたはTitanのGPU
  • Windows 10 2020 May Update

必要なもの

GPUハードウェアアクセラレーションはグラフィックボードの機能を用いて処理の負担を軽減するというものです。よってパソコンにグラフィックボードが取り付けられている必要があります。

パソコンにグラフィックボードが取り付けられているかは、デスクトップを右クリックしてNVIDIAコントロールパネルの項目が表示されるか否かで判定可能です。

MSI
¥22,000 (2023/02/04 12:37:53時点 Amazon調べ-詳細)

GPUのドライバを更新する

ハードウェアアクセラレーションには、GeForce 446.14 Driverが必要です。Geforce Experienceからダウンロードするか、NVidiaの公式サイトから対応するドライバーをダウンロードしてください。

Windows 10にアップデートを適用する

2020 May UpdateはWindows Updateを利用して適用することが可能ですが、一部のデバイスではこれが自動的に行われません。

そこで、Microsoftがアップデートを補助するソフトウェアを提供しているので、そちらを利用してダウンロードしてください。

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

上記のサイトから、アップデート補助ソフトウェアをダウンロードして実行してください。

ハードウェアアクセラレーションを有効にする

スタートボタンを右クリックし、メニューから設定を選択します。

システムの設定を開きます。

マルチディスプレイの設定欄からグラフィックス設定を開きます。

中にあるハードウェアアクセラレーションを有効にするのスイッチを入れて、再起動してください。

ゲームにラグを感じる方は必見!遅延がなくなるVPN「ExitLag」

ExitLagはゲーム専用のVPNで、ゲーム中にPingが高かったりパケットロスがひどかったりするのを解消する目的で開発されています。特徴として、回線のマルチパス化によって安定化を実現し、経路最適化システムでボトルネックを回避し、ゲームごとに設定された豊富なプリセットを提供しています。


詳細はこちら