【Windows10 】開放くんを使ったポート開放のやり方 | 初心者向けに詳しく解説

【Windows10 】開放くんを使ったポート開放のやり方 | 初心者向けに詳しく解説

この記事では、Windows10でポート開放をする手順を解説します。

手順

windowsの設定

ポート開放ができる条件として、PPPoE接続であることが挙げられます。また、IPv4である必要もあります。

タスクバーのネットワークアイコンを右クリックして、ネットワークとインターネットの設定を開くを押します。

アダプターのオプションを変更するを選択します。

お使いのネットワークアダプタを選択し、プロパティを開きます。
インターネット プロトコル バージョン6のチェックを外します。

開放くんの設定

ポート開放のソフトをダウンロードします。

こちらのページの下にあるkaihoukun.zipを押してダウンロードしてください。

ダウンロードしたファイルは圧縮されてますので、解凍します。

開放くんの使い方

kaihoukun.exeを開きます。

ポート番号に開くポート番号を入力してTCPを選択します。

ポートを開くを押して、メッセージ欄に「ポート開放に成功しました。」と出ます。

開放くんがエラーを吐いてポート開放ができない場合

開放くんは特定の状況でポート開放ができない旨のエラーを吐くことが知られています。具体的には以下の状況です。

  • 既に開放されているポートを指定して開放しようとした場合
  • 他のアプリケーションでバインドされたポートを指定した場合

よってエラーが発生した場合には、他のアプリケーションによってバインドされたポートを避けて指定するか、バインドを解除したうえで開放を試してみてください。

また、既に開放されているポートは一旦閉じてから再開放することでうまくいくことが多いです。再起動も有効です。

さいごに

ポート開放ができなかったり、エラーが出たりした場合は、ルーターを再起動して再度試してみてください。

それでもできなかった場合にはコメント欄で教えてください。

低スペ必見!マイクラを軽くする方法