【1.15.2】Forgeサーバの立て方を詳しく解説

【1.15.2】Forgeサーバの立て方を詳しく解説

この記事では、MinecraftのMODサーバーの立て方を詳しく解説していきます。

また、MODサーバーであるForgeサーバは、公式サーバーとは異なり、ForgeにMODを入れて稼働させることのできるサーバーのことです。

サーバを準備する

Minecraft公式サーバのダウンロード

Forgeサーバを立てるためには、公式サーバを予め用意する必要があります。以下の記事で手順を詳しく解説しておりますのでご覧ください。

Minecraft公式サーバの立て方を詳しく解説

Forgeをダウンロードする

まず前提として、クライアント側にForgeがインストールされている必要があります。

MODの入れ方を詳しく解説

サーバー用のForgeをダウンロードします。

Minecraft Forge 公式サイトから使用したいバージョンのForgeをダウンロードしてください。ここではバージョン1.15.1を使用します。

Forgeをインストールする

ダウンロードが終わりましたら、ダウンロードしたjarファイルを起動してください。

起動すると、選択肢が見られると思います。選択肢から、Install Serverを選択し、テキストボックスにマインクラフト公式サーバーの絶対パスを入力してください。

あとはInstallボタンを押してインストールが完了するのを待ちましょう。

インストールが完了すれば、Completeと表示されますので、ウインドウを閉じてください。

これにて、サーバーにForgeがインストールされました。

サーバ起動編

Forgeサーバを起動する

Forgeサーバーを起動するためにバッチファイルを作成します。

適当なテキストエディタを開いて次のように記述してください。@ECHO OFF
java -Xms1048M -Xmx1024M -jar forge_server.jar

これをサーバのフォルダにstart.batとして保存します。

作成したバッチファイルから、サーバを起動します。

サーバにMODを入れる

サーバにModを入れるために、Modsフォルダに、入れたいModを導入します。

但し、クライアント側にはサーバModに対応したクライアント用Modを入れないとサーバーに接続できません。

注意として、サーバにはクライアント専用Modを入れないでください。

おわりに

サーバに外部から接続するためにはポート開放が必要です。ご注意ください。

ポート開放の手順