【Valorant】パッチ1.03の情報まとめ

【Valorant】パッチ1.03の情報まとめ

この記事では、Valorantの次回アップデート、パッチ1.03の最新情報をまとめます。

パッチ1.03では武器やマップのアップデートが予定されています。

Valorantパッチ1.03での武器アップデート

ガーディアンの変更

ガーディアンの性能が変更になります。変更点は次のとおりです。

  • 価格の変更:2700クレジットから2500クレジット
  • 発射速度が低下:6.5から4.75
  • 貫通力が増加:中から高
  • 連射速度が低下:連射間隔0.083から0.1175

ガーディアンはこれまではセミオートガンでヴァンダルの下位互換として使用されてきましたが、その価格差はほとんどなく、ガーディアンの使用価値はほとんどありませんでした。

そこでこのアップデートでは、ガーディアンを長距離武器として役割をシフトし、貫通力の強化のほか、一発一発に重点を置くプレイスタイルへと変化します。

マップのアップデート

ヘイヴン

スパイクを落とすと回収できなくなっていた場所を削除

スパイクラッシュのアップデート

新オーブ ツインハンター

オーブを取得すると2頭の狼が現れ、最も近い2体の敵を追跡、ぶつかると4秒間の移動速度低下と視界悪化を与える。

出現する狼にはダメージを与えることができ、150ダメージで狼はデスポーンする。

スプリットのオーブ位置の変更

ディフェンダーが有利になっていたため、ディフェンス側ミッドのオーブを高台に移動。

降参可能条件の変更

アンレートモードでは、チームの80%の賛成投票が得られれば、降参できるようになる。コンペティティブモードでは変更されない。

降参可能ラウンドが現在の8ラウンドから5ラウンドに変更。

カスタムゲームにトーナメントモードが追加

カスタムゲームでトーナメントモードが選べるようになりました。

トーナメントモードでは、参加者は対戦タイマーの停止以外のチートは使用不可能になります。