【Valorant】パッチノート1.06まとめ

【Valorant】パッチノート1.06まとめ

今回のパッチではショットガンに関するバランス調整が含まれています。これにより、ショットガンによるキルが全体的に現象すると思われます。

エージェントに関する変更

フェニックスのカーブボールのビジュアル・サウンドの変更

フェニックスのアビリティ「カーブボール」について、従来は見た目と音が実際に効果とシンクしていないため、いつ良ければよいのかが明確ではありませんでした。このアップデートにより、ブラインドエフェクトが有効な場合にはサウンドあるので、いつ避けてよいかがわかりやすくなります。

ブリーチのフラッシュポイントのビジュアル・サウンドの変更

フェニックスのカーブボール同様、ブリーチのアビリティ「フラッシュポイント」の見た目と音が変更になります。

従来はフラッシュポイントの見た目と効果が対応しておらず、実際に表示されてからフラッシュの効果が適用されるまでにタイムラグがありました。今回のアップデートでその見た目と音が改善され、いつブラインド状態になるのかが明白になります。

ショットガンのアップデート

全ショットガンに対して、空中の射撃精度が大幅に低下します。

空中での散弾度合いが2.5倍に

プレイヤーがジャンプしているときや、高いところから飛び降りているときにショットガンを打つと、弾が従来よりも広く拡散するようになります。これによって、いままでは1発で倒せていた状況にあっても、複数の射撃が必要になるなど、ショットガンの性能がかなり弱体化されました。

今後さらなる調整も視野に

ショットガンの調整が今後何らかの形で入るようです。