【Valorant】ランクマッチのオーバータイムについて解説

【Valorant】ランクマッチのオーバータイムについて解説

Valorantのアップデート「パッチ1.03」でランクマッチにオーバータイムが追加されます。

この記事では、オーバータイムとはなにか、オーバータイムの仕様について解説していきます。

オーバータイムとはなにか

オーバータイムは、ランクマッチの延長戦において、サドンデスから新たに置き換わったシステムのことです。

サドンデスの場合、引き分けで最終ラウンドを終えると、攻守はそのままにサドンデスという形で、1ラウンドの勝敗の結果によって、試合の勝利が決まっていました。

新しく追加されたオーバータイムでは、2ラウンド差が付くまで試合が続行されます。

2ラウンド以内に勝敗が決定しなければ、プレイヤーによって投票が行われ、このまま試合を続行するか、引き分けとして試合を終えるかを選択します。

試合を続行した場合には、再び2ラウンド差が付くまで試合が続行され、試合を終了した場合には引き分けとして試合が終わります。

引き分け投票の概要

オーバータイム後、2ラウンド以内で勝敗が決しない場合、自動的に引き分け投票が開始されます。引き分け投票は複数回行われます。

引き分け投票では試合にいる全プレイヤーから投票を受け付けます。

  • 1回目の投票では6人の賛成で引き分けが成立します。
  • 2回目の投票では3人の賛成で引き分けが成立します。
  • 3回目以降の投票では1人の賛成で引き分けが成立します。

引き分けになった場合のランク変動

ランクマッチで試合が引き分けになった場合、どちらのチームのプレイヤーもランクが下方に移動することはありません。

ただし、試合での貢献度・活躍によってランクが上昇することはあります。