【Valorant】足音の聞き取り方!必要な設定とゲーミングデバイスをご紹介

【Valorant】足音の聞き取り方!必要な設定とゲーミングデバイスをご紹介

Valorantにおいて足音を聞き分けることは、索敵においてかなりの力をおよぼします。通常は人は目を見て敵を認識しますが、それ以前から聴覚を利用して敵の大まかな定位を把握することができれば、反射速度の向上や、だいたいの位置のエイム合わせができます。

足音を聞き取るために必要なゲーム設定

Valorantのオーディオ設定で、ゲーム内のサウンドの設定が可能です。ここでマスターボリュームにチェックボックスが入っている上に、ボリュームが最大になっていることを確認してください。

また、一番下のスピーカー設定を必ずステレオにしてください。

再生デバイスの設定

Valorantで足音を聞き取るならば、ヘッドホンまたはイヤホンが必須になります。スピーカーでは、足音を聞き取ることはできても、敵の定位(敵がおおまかにどの位置にいるのか)を判別することができません。

また、ヘッドホンやイヤホンの中にはバーチャルサラウンドが搭載されている商品もありますが、バーチャルサラウンドは必ずオフにしてプレイしましょう。

これには理由があり、Valorantではステレオサウンド以外のチャネルはサポートされておらず、5.1chや7.1chで聞き取るのは全く意味がないからです。逆に足音がぼやけてしまって、敵の位置が正確に把握できないという事態につながってしまいます。

足音が聞き取りやすいヘッドセット

Logicool G ゲーミングヘッドセット G-PHS-003(有線)

こちらのヘッドセットは有線接続ではあるものの、プロの大会での使用を意識した仕様になっており、音がFPS向けに聞き取りやすくする設定があったり、マイクが高品質なものを実装していたりと、Valorantをプレイするにあたりかなり有利に立ち回れるものとなっています。

またこちらの商品のバーチャル7.1chは定位がぼけにくいですが、やはりステレオで使用するのが良いでしょう。

Logicool G ゲーミングヘッドセット G933s(無線)

無線のヘッドセットで、上のヘッドセットのコードが気になるという方はこちらのヘッドセットがおすすめです。無線接続方式ではありますが、Bluetoothなどは利用せずに独自規格のものを利用しています。その結果、FPSに最適なほ無遅延を実現しています。

またこのヘッドセットのゲーム音質は素晴らしく、実際のプロゲーマも数多く使用する商品になっています。