Minecraftのあたらしい戦闘方法を解説

Minecraft
この記事は約5分で読めます。

次のバージョンのスナップショットが公開されたので実際に遊んでみて気づいたことをメモします。おそらくこのスナップショットは次回のバージョン1.15.3に反映されると思われます。気になることがあればコメントで教えてください。

Minecraftのあたらしい戦闘方法

攻撃速度の上昇

攻撃間隔が全体的に短くなりました。無敵時間が減ったわけではありません。飽くまでも次の攻撃までの時間が短縮したということです。

ボタン長押しで連続攻撃が可能に

1.15.2までは攻撃後すぐに攻撃タイマーが発動していましたが、このバージョンから、攻撃後一定時間は攻撃タイマーが作動しなくなります。この攻撃タイマーが発動していないときに、ボタンを長押ししていると連続攻撃が可能になりました。

半チャージでの攻撃が不可能に

1.9から1.15.2までのバージョンでは、攻撃ゲージを満タンにすると範囲攻撃となり、攻撃ゲージが満タンでないときには、威力が下がっての攻撃となっていましたが、これからは攻撃ゲージが満タンの時以外には攻撃ができなくなりました

攻撃力の減少

武器で与えられるダメージ量が減少しました。

攻撃範囲(リーチ)の変更

ロケ地:森の実験場

1.14.2まではサバイバルモードのとき一律で3.0マスの攻撃範囲を持っていました。これは素手でも剣を持っていても変わりませんでした。

しかし、このバージョンから武器ごとにリーチが変動します。例えば、剣を持った状態と斧を持った状態では攻撃できる範囲が違います。剣を持った状態のほうが、斧を持った状態よりも遠くにいる敵に攻撃ができます。

剣を持っているとき、攻撃ゲージが見えますね。攻撃可能ということです。
斧を持っているとき、攻撃ゲージが表示されていません。この状態では攻撃できません。

アイテムに攻撃範囲の表示が追加された

剣やトライデントなどの武器の説明文にそのリーチの説明が追加されました。斧やピッケルなどのツールには記載されていませんが、リーチの変更があります。

剣は3.5マスまで届く
トライデントなら4マスまで。
斧は3マスが限界。

トライデントが4マスで最大。次に剣の3.5マス。斧が従来の限界の3マスのリーチを持ちます。

それぞれの武器・ツールの攻撃範囲のまとめ

ツール名攻撃可能範囲(単位:マス)
トライデント4
鍬(クワ)4
3.5
3
ツルハシ3
ショベル3

ブロック設置・破壊範囲の上昇

ブロックを設置する際、また破壊する際により遠くのブロックまで届くようになりました。

サバイバルモードでのその距離は正確に4.5マス未満です。つまり、4.49マスまでのブロックを触ることができます

クリエイティブモードでのリーチ。5マス先のブロックまで届く。
サバイバルで上の画像と同じ場所で測定。クリエイティブで届いていたブロックに触れていない。
ブロックまで4.5マスの地点。この場所がブロックに触れる最大距離だ。

隠し満腹度の超回復が廃止へ

調べたところ、ハート半分で満腹度が半分回復することがわかりました。

体力が満タンでないとき、4秒に一度、満腹度を1(ゲージ半個分)消費して体力が1(♡の半分)回復します。回復の条件は、満腹度が6.5以上であることです。満腹度ゲージが満タンである必要がありません。

初めは満腹度が足りず回復していないが、満腹度が回復すれば体力の回復も始まる
空腹度が6.5以下なので自動回復しない
満腹度が6.5以上になると自動回復が始まる

新エンチャント「Chopping」

斧に付加できる新しいエンチャント「Chopping」が追加されました。レベルは1、2、3の三種類で、エンチャントテーブルか金床とエンチャント本でエンチャントできます。

このスナップショットで遊ぶ方法

1.バージョンファイルをダウンロードする

このバージョンは試験的なものなので、公式ランチャーに表示されません。必ずこの作業を行ってください。

Minecraft公式サイトより、バージョンファイルをダウンロードします。ここをクリックで直接ダウンロード

2.ダウンロードしたファイルを解凍する

ダウンロードが完了したファイルは、ZIP形式で圧縮されています。このままではMinecraftが読み込んでくれないので、解凍ソフトを使って解凍しましょう。

Windowsの方ならダウンロードしたファイルを右クリックして、すべて展開を押せば解凍されます。

3.バージョンフォルダーに入れる

Windowsの方

WindowsRを押して、ファイル名を指定して実行を開きます。

そこに「%Appdata%」と入力して、「.minecraft」があるフォルダーを開きます。

「.minecraft」を開いたら、「versions」フォルダーを開き、先ほど解凍したファイルをそこに入れてください。

Linuxの方

mv <解凍したファイルの絶対パス> ~/.minecraft/versions

上をコンソールへ入力して実行してください。

4.プロファイルを選択して起動

ランチャーの起動構成を選んで、新規作成するとこの画面にきます。

バージョンを選択する部分で、先ほどインストールしたバージョンがあるので「pending 1.15_combat-6」を選択してください。

あとはいつもの通りに起動すればOKです。

注意点

このバージョンはこれまでのバージョンと互換性がありません。必ずワールドデータのバックアップを取ってから入るようにしてください。

またデータの紛失や破壊を防ぐためにも、新しいワールドで試すことをおすすめします。

コメント